泉北スタイルな家:リノベーション工事

計画段階の当初、1階に使われていない洋室があり、ここを菓子工房にしようかと考えられていた。

ただ、このスペースはすでにリフォームされており、現在のキッチンとプラン的に真逆にあった。

まったく配管設備のないスペースに新たに厨房機器を設置するとなると、予算的にも厳しくまた、動線を考えても、できるだけ現在のキッチンの並行して、作業が進められたらと提案。

そして、持ち上がった案が、現在のキッチンスペースを工房に、ダイニングスペースに新しくキッチンを設けるというもの。

このダイニングスペースは、裏にある緑道に面しており、将来料理教室や、シェアキッチンをするにしても開放感のあるスペースになる。

また、設備配管に関しても現状をうまく利用しながら工事を進めることができる。

職住一体の菓子工房づくりが始まった。

関連記事一覧