ストーリー

これから、この住まいはどんな形になってゆくのだろう。
もう、大量生産の時代は終わり、その家庭の暮らしが形になった結果、住まいとなる。

そんなに大きくなくても、

そんなに豪華ではなくても、

そんなに新しくはなくても、

その家庭の『らしさ』が醸し出されたときに、最高の住まいとなるように思う。
僕が作りたいのは、『作品』ではなく、ストーリーなんだと思う。

アーカイブ